生理痛

MENU

知っておこう生理痛の原因

生理痛がつらい

生理痛で痛みを感じるのは子宮の収縮を促すプロスタグランジンが過剰に分泌することによって子宮が狭まり、収縮することが原因です。

このプロスタグランジンが大量に分泌される体質の方は生理痛で寝込むような痛みに襲われることもあります。
生理痛の原因は生活習慣の乱れや運動不足、アルコールの摂取のしすぎやホルモンバランスの乱れ、それから冷えが関係していることもあるので、なにか思い当たることがあれば生理痛予防のために改善するようにしてください。
心理的な原因である「ストレス」が関係して痛みが酷くなることもあるので気を付けましょう。
原因が分かれば後は直すだけです。
生活習慣を少し変えるだけでも痛みを緩和することができるので挑戦してください。
この生理痛ですが、あまりに痛みが強い場合は病院にかかることをオススメします。
病院で診てもらうと原因がはっきりしますし、病院でしか出せない強力な痛みどめを出してもらうこともできます。
もし何か他の病気が原因ということも考えられるので念のため婦人科に受診することを強くオススメします。

生理前・生理中の辛さ

生理痛がつらい

生理時の臭いが気になりませんか?特に夏場、蒸れてかゆみを感じるときもありますし、人の近くに長時間座ったり、ママ友とのランチなどの際に、人の前を通ってトイレに行くときも自分のニオイが気になってしまいます。
きっと気になると思っているのは私だけではないはず。
また、生理前に肩こりや首筋の痛み、頭痛や体のだるさ、下腹部のずーんとした痛みを感じるようになり
そろそろ生理がくるのか、と気分も落ち込みがちになります。イライラも生理前特有の症状でしょうか。

 

年齢的にもうすぐ更年期もやって来ますが、そういう時も鎮痛剤などの服用をしてよいものなのか、それとも婦人科を受診してお薬を処方していただいた方がよいのかも迷いますね。
また、生理前は体温が下がり体が本当に冷えます。冷え性な私は冬場の生理は辛いので、次に婦人科に行く機会があれば相談してこようと思っています。

 

生理前・生理中の痛みやだるさは男性には理解することが難しいですよね。腹痛がひどくちょっと休みたいと思ってもなかなか休めないのが生理痛。
もう少し男性にも理解をもっていただき、生理中は家事やお仕事をお休みできる日があればいいのにな、と思います。